顛末書の書き方の文例、ここでは顛末書の最後に書く、お詫び・反省の弁の部分の文例をいくつかご紹介します。

ところで、顛末書には謝罪文は一切必要ない、という方もおられます。確かにその顛末書の書き方も間違ってはいません。文例の前にここで確認しておきたいのですが、「顛末書」と「始末書」は異なるもので、書き方も違います。

「始末書」はイコール謝罪文といってもいいと思います。ですが「顛末書」は事の顛末を報告するものでした。

ですから謝罪文はいらない、となるのですが、やはり何かの事態を起こした以上、最後に謝罪があったほうが、真摯に受け止めていることや責任感を感じることができて印象が違いますよね。

ですからここで紹介する文例などを参考に、入れるようにしたほうがよいと思われます。顛末書の書き方の謝罪部分の文例は、例えば以下のようなものです。

謝罪の顛末書の書き方文例


・今後はこのようなことのないよう、一層の責任を自覚し、職務に邁進する所存でございます。
・今回のような過ちを二度と起こさないよう努めるとともに、職務に励むことを誓います。
・今後はこのような過ちを繰り返さぬように、十分気もちを引き締めて仕事に取り組みます。
・今後はいかなる場合でも会社に一報をいれ、業務に支障をきたさぬよう心がけます。