顛末書の書き方のサンプルを下記に載せます。是非参考にしてください。

顛末書の書き方サンプル

顛末書
                 20XX年○月○日
○○部長  ○○○○殿

             ○○管理課 ○○○○ 印


 20XX年○月○日、○○○株式会社より受注しました商品「-----」に関して、納品ミスが発生しましたので、下記の通り調査結果をご報告いたします。


           記

1.当社○○部担当○○○○は、○月○日に○○○株式会社より受注数を確認の上、「-----」の製造メーカーである○○○(株)に500ケース分の納品を電話で依頼した。

2.当日は○○○(株)の担当者が病欠による不在であったため、代理担当者へ連絡後、FAXにて注文書を送信。数量、日時などを文面で目視したが、この代理担当者は多忙であったため、書面をしっかり確認せずに納品手続きを進めた。

3.発注手続きには、落ち度はなかったと考えられますが、取引先の信頼を損なう事態であり重大な問題であります。○○○(株)に対しては、発注内容の確認を徹底するよう強く要望をいたしました。

4.添付書類:○○○(株)の調査報告書、および謝罪状

------------(顛末書サンプルここまで)------------

顛末書は書かずに済んだ方が良いですが、ビジネスの場では様々な問題は避けられません。

顛末書を書いたら、その後のために自分で書いたものをサンプルとして保存しておくのも大事です。また、初めてで顛末書の書き方にどうしても自信がないといった場合は、話しやすい先輩などに聞いてみて、過去の事例があればサンプルとしてみせてもらうのも、一つの手です。

スポンサードリンク